ニキビ跡化粧水:ニキビと化粧品選び

なかなか治りにくいニキビに困らされている人は少なくありません。ニキビ改善に向いている、ニキビ予防にお勧めと呼ばれる化粧品などを利用しても、なかなかニキビが減らないという方はいませんか?

このようなケースでは、もしかしたら正しいニキビ跡を消す化粧水選びや、スキンケア方法が出来ていないのかもしれません。

例えばクレンジング剤。ファンデーションなどがお肌に残っているとニキビの原因になることはたくさんの方が知っていると思います。しっかり落とす事が大切だと思い、強いクレンジング剤を利用している人もいるでしょう。

オイルクレンジングや油性ジェルクレンジングなどは、化粧品の中に入った油分に反応して、すばやくお手軽にメイク汚れを落としてくれます。

ですが強すぎるクレンジング剤はお肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、乾燥肌を進行させてしまうものです。

ニキビが生まれてしまったお肌には、出来るだけお肌に優しいクリームタイプのクレンジング剤がオススメといえます。隠れ乾燥肌からお肌をガードしつつ、メイク汚れを落としていきましょう。

お肌の乾燥を進行させてしまうのは石鹸も同様です。ペーハー値が高いために、長い間使い続けているとお肌の乾燥が進んでしまい、ニキビが治りにくいお肌環境になってしまいます。

反対に弱酸性の洗顔剤を利用している場合、お肌に対してはとてもナイーブな使い心地と言えますが、洗浄力が弱かったり、必要のない保湿剤が含まれていたりとニキビ改善には向いていません。

洗顔剤は微アルカリ性のものを利用する事で、ほどほどの洗浄力、お肌への優しさがキープでき、ニキビが生まれにくいお肌作りが期待できます。

ニキビの原因はお肌の水分量とも関わりがあります。化粧水の利用が少なすぎてニキビ改善ができないケースがあるのです。お肌に潤いがなくなると皮脂が必要以上に分泌され、ニキビが延々と生まれ続けてしまう事があります。

皮脂の分泌を減少させるためには、お肌に常に一定量の潤いが必要です。化粧水の種類の中には保湿成分が多すぎるものが存在しますが、このような化粧水を利用する事でニキビが改善しにくくなることも少なくありません。

保湿力が高く、ニキビの炎症を抑制できる化粧水を選び、しっかりとお肌に潤いを与えて下さい。

上記でもお話しましたが、保湿性の高い化粧水や乳液を利用する事が、ニキビ改善の邪魔になる場合があります。

お肌の乾燥防止、シミシワ美白対策と、高い保湿性を持った乳液などを利用している人もいるとは思いますが、ニキビにとって栄養価の高い保湿成分は美味しいご飯となってしまいます。お肌には元々再生能力がありますので、クリームを利用する場合は、油分が少なくべたっとしないものを選んで下さい。

間違った化粧品選びを卒業し、ニキビ改善へと繋げていきましょう。

ニキビ改善のための肌質のお話

「わたし、ニキビができやすい肌質なんだよね・・・。」とお悩みの方は多いでしょう。スキンケア用語として、この“肌質”という単語は非常に耳馴染みがあるのではないでしょうか?

多くの方は、ご自身がどのような肌質であるのかを独断で判断し、それを元に基礎化粧品選びなどを行っているのではないかと思います。

しかし、その独断で判断している肌質は本当なのでしょうか?というのも、「私は脂性」だと感じている方の中でも、本当は普通肌であったり、また乾燥肌であったりするケースがあるのです。

ご自身の肌タイプをもう一度見つめ直すためにも、一度肌質についてをおさらいしておきましょう。

まず、健康的なお肌についてです。健康的なお肌を「普通肌」と呼び、数ある肌質のなかで最もニキビの起こりにくいタイプだと言われています。

ここで注意したいのは、普通肌であってもある程度の皮脂が存在している、ということです。

皮脂、と聞けば、ニキビの元となる悪者だ!というイメージがあるかもしれませんが、そもそも皮脂はお肌に必要であるからこそ分泌されています。皮脂が出ているイコール脂性だ!と決めつけないようにしてください。

また、最もニキビのできやすい肌質に「脂性(オイリー肌)」があります。皮脂が必要以上に出ていて、ニキビの発生しやすい環境となっているお肌を指します。

この対局に存在するのが「乾燥肌」ですが、気をつけたいのは乾燥によって皮脂が過剰に分泌されるケースも存在している、ということです。水分の足りていないお肌は、潤いを補おうと皮脂を分泌させます。

この結果だけを見て、乾燥肌であるにもかかわらず「私は脂性!」だと判断してしまうことがあるのです。

また、Tゾーンなど局部的に皮脂が多くテカテカしてしまうにもかかわらず、目元や口元などは乾燥で皮がめくれてしまう肌質があります。「脂漏性肌」という肌質なのですが、単純に乾燥肌だと判断されがちです。

脂漏性肌は、外的刺激に弱い「敏感肌」と並んで、ニキビのできやすいお肌だと言われていますので、 ご自身のお肌をしっかり観察し、正しいケアを行うようにしましょう。

食生活の見直しでニキビ改善

ニキビやニキビ跡を改善していくと聞くと、スキンケアや薬を利用したり、といった事がまず頭に浮かぶのではないでしょうか?

勿論これらもニキビやニキビ跡の改善にはお役立ちですが、食生活を見直すことも、ニキビを作らない、ニキビを治していく、ニキビ跡改善をする、ということに対して、大変大きな効果を持っています。

なぜニキビが生まれてしまうのか、それは理由は様々です。ただひとついえることは、ニキビが生まれてしまうことと食生活は深い係わり合いを持っている、ということ。

正しい洗顔方法を継続する、お肌をキレイにキープするといったことは、ニキビを作らせないお肌環境には大切なことと言えますが、元々お肌トラブルのきっかけは、体に吸収される「食」に何らかの問題があるようです。

食事の中身をお肌に良いものに変更していくことで、お肌環境は整えられていくでしょう。口に入れた食材は体の中で消化され、栄養となって吸収されます。

また取り込んだエネルギーは体の機能となって消費されますが、多く摂りすぎてしまったエネルギーは体の中に蓄積されてしまい、そのまま脂肪へと変化してしまうのです。

脂肪はやがて皮脂の過剰分泌へと繋がり、毛穴などを塞ぐきっかけとなってしまうでしょう。そこから炎症を起こし、ニキビとなってお顔や背中に登場します。

ニキビの大元が脂肪なのですね。ニキビを生ませないためには、まずは脂肪を多く取り過ぎない事が重要となります。

健やかな体を維持するためには志望も重要なものですが、現代社会の食生活の中では、脂肪摂取を意識的に抑制しないと、あっという間に過剰摂取になってしまうものです。

フライや天ぷらなどの揚げ物は当然として、ファストフードや、ラーメン、アイスやケーキなどのスイーツにチーズやバターなどの乳製品の中にも脂肪はてんこ盛りとなっています。

某CMではないですが、美味しいものは脂肪と糖分でできていると思っていいでしょう。何も考えずに口にしてしまうと、脂肪はどんどん体内に蓄積されてしまいます。

そうなってしまうとやがて脂肪はニキビの引き金になり、残ってしまったニキビ跡は消す事ができません。肥満や病気などのリスクも高まります。

ニキビ予防やニキビ跡を目立たなくするために食生活で意識することは、脂肪摂取を控えめにすることだと考えてください。

体に取り入れた脂肪やエネルギーは、当日中に使ってしまうことも大きなポイントです。消費するためには適度に体を動かし、脂肪を燃やしてしまうのがオススメと言えます。

脂肪燃焼のお手伝いをしてくれる栄養成分もあり、それがビタミンB群です。エネルギーが脂肪に変化する前に、燃焼サポートをしてくれるのビタミンB群が入った食材をどんどん口にするのも、ニキビ予防や、ニキビ跡の改善に大切と言えます。

例えば穀物類の胚芽や、レーバー、豚肉や豆類にはビタミンB1が含まれていますし、卵や大豆、乳製品や葉物類にはビタミンB2が豊富です。

魚ではカツオやマグロなどにビタミンB6が含有されていて、魚介類やレバーにはビタミンB12がたっぷりと入っています。ビタミンB群は脂肪燃焼サポートだけではなく、健やかなお肌作りにも大切な栄養素です。ビタミンB群を意識的に摂取し、健やかなお肌を作っていきましょう。

このページの先頭へ